テレビに出演してブランディングしていく方法

急上昇中!
ブログランキングがんばってます^^
詳細はコチラから!!

現役アナウンサーで実業家の三橋泰介さんと
超人気放送作家の安達元一さんの2人が
おもしろい企画を公開しています。

なんといっても・・・
地上波テレビ出演100%保証
というのは、目を疑うような内容です。

テレビ出演

三橋さんは、現役アナウンサーでありながら
通販や整体院など複数の実業を経営する
マスメディアにも実業にも強い
稀有なビジネスマンです。

安達さんは、これまでTV業界で
数々の伝説的ヒット番組に携わってきて、
現在はビジネスの世界でも活躍されています。

▼安達さんが担当した番組:
『笑っていいとも!』
『奇跡体験!アンビリーバボー』
『とんねるずのみなさんのおかげでした』
『SMAP×SMAP』『踊る!さんま御殿』
『ドラえもん』『ガキの使いやあらへんで』etc..

 

今回、『テレビをビジネスに利用する方法』の
すべてを知り尽くした2人がタッグを組み、
ビジネスを加速度的に進化させるための
ブランディング講座を開講することになりました。

もう少し具体的に言うと・・・
「テレビ」という最強メディアの力を使って
圧倒的なブランドと社会的な信用を獲得し
自動的に見込み客を集め売上が上がり続ける
『本物のメディアブランディング』の構築方法
を無料で公開しているのです。
http://itwo.biz/me/tmbso.html

 

ちまたの“自称“SNSコンサルタントが教える
「いいね」を増やすだけのメディア対策とは
次元の違うパワフルな内容に仕上がっています。

全7回の無料ビデオ講座の中で
「大手マスメディアに取り上げられる方法」
を大胆に公開していきます。

また、本講座の正式コースの特徴の一つに
「地上波テレビ出演100%保証」
というものがあります。

既に番組の枠を確保してあるので、
誰でもテレビに出ることができるのです。
誰でもテレビに出演が可能な秘密

 

通常のテレビ番組は、出演した場面などを
YouTubeなどに勝手にアップすることを
制限した「二次利用禁止」の条件があります。

しかし、今回確保した番組は、出演実績を
名刺やチラシ、ホームページなどに使うことを
了承済みの「二次利用OK」の番組です。

なので堂々と「テレビに出演した」という
実績をビジネスに活用することが出来ます。

もちろん、単独ではなく
「誰もが知る有名芸能人」
と一緒に出演するという形ですので、
その影響力は圧倒的です。

これは、安達さんと三橋さんが持つ
大手放送局との独自の人脈が可能にした
目玉コンテンツの一つとなっています。

 

勘違いしてほしくないのは、お金を払って
取材に来てもらう「ブラックジャーナリズム」とは
一線を画するものであるということです。

また、ただテレビに出るだけではビジネスへの
相乗効果は期待できませんので、出演前の
準備、そして集客の動線作りから売上を上げ続ける
仕組み作りもパッケージになっています。

この講座に参加することで、いち個人事業主、
零細企業の経営者、という平凡な起業家のくくり
ではなく、社会的に影響力を持つ「文化人」
「タレント」というステータスを
獲得することに繋がるのです。

知名度、影響力、社会的信用、ブランド、
ステータス、自動集客システムなど、
小規模なビジネスを次のステップに
進めるための要素がすべて詰まっています。

 

今回のキャンペーンは、「本講座」前の
”体験入学”という形で【完全無料】で
メディアブランディングに必要な知識、
ノウハウをビデオで公開していきます。

7本(追加予定)のビデオをすべて見ることで
マスメディアへの出演を果たし、その実績を
ビジネスに活かす方法を学ぶことが出来ます。

また、今回の内容は、信頼性の高い2人による
『メディアブランディング』
という信頼性の高いコンセプトです。

知名度アップやブランディングを
目指している人なら必見の内容ですね^^
http://itwo.biz/me/tmbso.html

※期間限定でのキャンペーンですので、
今すぐチェックしておいてくださいね。

 



 メールアドレス 

なお、資産ウェブ構築メルマガはこちらです。 

管理人オススメ教材&ツール

2件のコメント

  • こんにちは!
    ブログランキングから遊びに来ました!

    テレビ出演100%保障ってすごいですね!
    かなりのブランディングになりますね!

    応援ポチです^^

  • こんにちは

    長沢真帆といいます。

    「大手マスメディアに取り上げられる方法」

    凄くないですか?

    また遊びにきます。

    応援押します。

コメントを残す