LUREA付属のRefine からINFOPLATE 5 WP へ変更したらショートコードはどうなるか

急上昇中!
ブログランキングがんばってます^^
詳細はコチラから!!

LUREA(ルレア)に付属しているRefine から、
INFOPLATE 5 WP に変更するとショートコードが動きません。
この問題の解決策について説明します。

INFOPLATE 5 WP(インフォプレート5WP)に興味を持っている人は、
Refine Pro のWordPressテーマを利用している人も多いかと思います。

そこで気になるのは、WordPressテーマを変更すると、
適用しているショートコードはどうなるのか?ということです。

私自身もインフォプレート5WPの導入で一番気になったのが、
既存サイトからの移行するときの弊害となる部分です。

現時点では、既存のショートコードが使えなくなります。

これまで適用していたショートコードをすべて変えるのは、
かなり手間がかかる作業となってしまいます。
多く利用している人であれば、なおさらです。

 

そもそも、ショートコードとは?

ショートコードとは、WordPressサイトで装飾ボタンや
囲み枠などを一発で読み出せる独自タグのようなものです。

インフォプレート5WP で使えるショートタグは、
こんなにたくさんの種類があります。
利用できるショートタグ一覧

通常なら、背景となる画像を探して文字を入れ、
全て画像にして貼り付ける必要があります。
もしくは、テーブルタグを装飾する方法です。

ヒマ人や趣味で運営している人なら良いのですが、
なかなかそんなヒマな人もいないと思います。

WordPressショートコードを使えば、
専門的な知識が無くても簡単に装飾が可能です。

ショートコードで装飾した場合でも、
画像ではなく、文字テキストの表示なので、
いろんな意味で有利だと思います。

では、その便利なショートコードを
INFOPLATE 5 WPに変更してもそのまま使いたいものです。

 

ショートコードを多く使っている場合の対策

実際に制作者の吉田さんに確認したところ、
Refine Pro 対応して頂けるという回答を頂いています。
その回答詳細はコチラ(ページの真ん中くらい)

もしかしたら、この勝手な質問によって予定に無かった作業を
増やしてしまったのでは・・?と思い反省しました。
そのくらい、予想外の回答を頂いたのです。

これでRefine Pro のWordPressテーマを利用している人も、
安心してインフォプレート5WPに変更することができます。

ショートコードが10個でも1000個適用していたとしても、
何の心配もなく導入してすることが可能です。

 

今すぐ手動でショートコードを置き換えたい場合

どうしても今すぐ適用したいという場合、
文字列を置き換えができるプラグインを利用すれば便利です。

Search Regexを使えば文字列を一括で置き換えできます。
(プラグイン:Search Regex ダウンロード

Refine が良いのかインフォプレート5WPが良いのかは、
個人の好みやサイト運営の方向性によりますが、
ショートコードに関する心配は一切なさそうですね。

>>INFOPLATE 5 WP レビューはコチラ

 



 メールアドレス 

なお、資産ウェブ構築メルマガはこちらです。 

管理人オススメ教材&ツール

コメントを残す