アフィリエイト記事を外注化にする時期・タイミング

急上昇中!
ブログランキングがんばってます^^
詳細はコチラから!!

アフィリエイトに取り組んでいる人は記事を外注化にするという選択肢があります。どういった時期やタイミングで外注に頼むのがベストでしょうか。

サイトアフィリエイトに取り組んでいる人は、その記事を外注に依頼する人も多くいます。私も運営サイトの一部記事は外注or専属ライターに依頼しています。

記事の外注化を検討するタイミング

あなたのアフィエイトサイトから、月に数万円くらいの報酬が上がった時期が良いと思います。それもできるだけ早い段階がベストです。

これはビジネスとして当然です。

サイトから報酬が発生して、そのお金を何に使うか?ということです。得た利益を投資して、どんどんビジネスを大きく展開することです。これはどの会社でもそうですね。あなたのポケットマネーだけに入れてしまうと、いつまで経っても膨らんでいきません。

得た報酬を外注に依頼して記事を作成していくと、一人でコツコツと利益を得る数倍のスピードで収入が膨らんでいきます。

外注化 

これだけはダメ。外注に依頼するタイミングと理由

外注化によって収入が膨らんでいくスピードがアップすると言いましたが、間違ったタイミングや間違った動機もあります。それは大きく2つ。

報酬がまだゼロの状態

あなたが今までアフィリエイトで報酬を得たことが無いのなら、記事の外注化はNGです。なぜなら、サイトで報酬を得るまでの道筋をあなた自身が理解していないのなら、それを他の人に指示することができないからです。ライターから原稿を受け取っても、ダメなポイントがあれば修正を出します。そのポイントをあなた自身が理解していないと、指示することもできず的外れの原稿にお金を払って終了・・ということにもなりかねません。

報酬までの流れを自分で経験して、あなた自身のノウハウとして理解していないとダメだということはわかりますよね。この経験が必要なくできるのであれば、極端な例として売れている人のコピペだけで稼げるはずです。しかし、売れるまでの導線が理解できていないと売れないのが現状です。
(※サイトペナルティ扱い&著作権の問題を無視して考えても・・です)

まずは一度「自分の力で報酬まで辿りついてから」です。

 

ラクをしたいという理由

これは本当にダメです。確かに外注化することはあなた自身がラクになります。でも、本来の目的は「収入を膨らませるというもの」ですので、ラクをしたいからという理由での外注化はオススメできません。特に、上記の報酬がゼロなら最悪です。

報酬→外注→さらに収入UP→外注増やす→もっともっと収入UP

それであなたが何もしなくても遊んで暮らせるくらいの資産構築ができればOKかもしれません。人を雇うということは、常に前進して向上することが求められます。

 

まとめ

サイト更新にライターに依頼して外注化することはとても有効です。そして、ライターにも出来の良い記事を書いてくれる人とダメな記事を書く人がいます。あなたの意図がしっかりと伝わって、より加速できるような外注先を見つけることが大切です。

数万円だったサイト収入が数十万円にステップアップします。
そのポイントは・・・

早い段階で外注化です。

サイトアフィリエイト、量産アフィリエイトに取り組んでいる人は特に顕著に結果が現れます。将来的にネットビジネスを拡大していきたいと考えている人は、「人を雇う・人を使う」という第一歩にもなります。大きくするなら自分以外の力が重要です。これは避けて通れません。

 

補足:個人的なこと

私自身もこの外注化を導入したことで一気に収入が伸びました。
もともと投資不動産の業界にいることもあり、投資することで資産の構築スピードが格段と早くなるということは理解していましたが、ネットビジネスにおいてはどのくらいで外注化に踏み切るのが良いのかということがわかりませんでした。

私が外注化に踏み切ったタイミングは遅く、もうちょっと早くてもやっていけたなという思いだからです。数十万円くらいは無いと怖いな・・・と、ビビっていました^^;

その経験から言うと、ネットビジネスで外注化に踏み切るタイミングは「数万円」という数字です。

早ければ早い方が良いです。目の前の生活が・・という人は別ですよ。
1万円でも良いと思います。意外と自分のイメージした記事を伝えることは難しいですから。依頼を何回か経験するとそれもわかってきます。外注も経験ですね。

ちなみに・・このサイト記事は外注化していません。私のライティング能力はこの程度です^^;
外注化したライターさんの記事の方が素晴らしくて、勉強させてもらうこともよくあります(苦笑)。

あなたもライティング能力のあるライターさんに出会えることを願っています。

管理人オススメ教材&ツール

コメントを残す