スゴワザのレポート申請可能本数が大幅にアップ

急上昇中!
ブログランキングがんばってます^^
詳細はコチラから!!

無料でレポートを読めるレポートスタンドのスゴワザが、
レポート申請可能な本数を大幅にアップしたようです。

前回の記事では、有料化後に何度か修正があり、
年会費AコースとBコースという制度になったとお伝えしました。
(※VPS-NEOのユーザーでない場合)

つまり、これまでは下記のような仕組みでした。

スゴワザ年会費
(参考:無料レポートスタンドのスゴワザが再び審査料金の値上げ

 

スゴワザの新料金体系はどのようになったのか

これまで年間に5本の登録審査でしたが、
どうやらレポート申請可能な本数を大幅にアップしたようです。

登録者管理ページ内にある年会費管理にて、
以下のような表示がされていました。

スゴワザレポート審査本数

VPS-NEOのユーザー以外は、年会費によるAコース、Bコースという形ではなく、
年会費(8200円)で、1年間100回のレポート申請が可能になったようです。

また、VPS-NEOのユーザーであれば、
1年間無制限でレポートの申請が可能という形です。

かなり大幅な改定です。
この時点で一度まとめます。

 

VPS-NEOを利用していない人

▼変更前
Aコース:年会費(8200円)で年間5本のレポート登録審査
Bコース:年会費(16400円)で年間無制限のレポート登録審査

▼変更後
年会費(8200円)で、年間100本のレポート登録審査
※コース分けは廃止

VPS-NEOを利用している人

▼変更前
年会費(8200円)で年間無制限のレポート登録審査

▼変更後
年会費不要で、年間無制限のレポート登録審査

 

スゴワザの申請可能本数アップで気になる点が2つ

一気にレポート登録審査本数が増えたようなので、
発行者からしてみると緩和されたように思えます。

しかし、気になる点が2つ。

この期間中に年会費を払った人はどうなったのだろうか

かなり大幅な条件緩和です。
VPS-NEOのユーザーではない場合、年間5本しか申請できず、
思い切って16400円のBコースを選択した人もいるでしょう。

それが半額になって100本も掲載可能になってしまうと、
「えっ!?」と感じる人もいるのではないかと思いました。

これまで年会費8200円で5本の掲載なら、
レポート掲載1本あたり【1640円】です。

それが年会費8200円で100本の掲載となると、
レポート掲載1本あたり【82円】になります。

かなりの差があるように思えるのは、私だけなのでしょうか・・・。

 

VPS-NEOのユーザーの場合、年間本数無制限は変わらないまま、
年会費だけが不要となった形です。

払ってしまった人からすると、こちらも「えっ!?」と感じるでしょう。
半額とか2割引きとかじゃなく、0円になったわけですから。

支払い済みユーザーにどのような措置が取られたのかはわかりません。
なにか、代わりとなるような対応がされたのかもしれません。

 

どの料金体系が最新のものなのだろうか

今回たまたま管理者画面にて料金体系を発見しましたが、
トピック欄には料金体系の変更が記載されていません。

管理者画面に表示されているもののほうが、
支払い画面に一番近いので最新だと認識していますが、
最新トピックで表示されていないというのも心配です。

■最新トピックにある料金体系
→AコースBコースなどが記載されている料金体系

■管理者画面の年会費管理にある料金体系
→AコースBコースなどが無くなった料金体系

万が一、、、ということも有り得るので問い合わせていますが、
現時点での回答はいただけていません。

 

今年(2014年)2月からの料金体系から変化しすぎる

2014年2月16日
「スゴワザのレポート審査が有料化へ」

2014年2月25日
「スゴワザのレポート審査の有料化が開始」

2014年6月18日
「スゴワザが再び審査料金の値上げ」

2014年10月2日
→今回(新しい料金体系に気付かず)

 

このように短期間で料金体系がかなり変化しています。

無料から有料へと移行したのは運営コストもあるので当然です。
無料レポートと言えど、どこかで利益を出さなければいけません。

その有料後に料金体系が定まらず頻繁な変化があるというのは、
個人的にあまり好きではない傾向です。

運営内部の状態は大丈夫なのかな・・・!?と、
勝手にいろいろな憶測と妄想を抱いてしまうからです。

まずは、料金体系に関する回答が来るまでは、
金額に大きな差が出ますので完全に「待ち」で良いと思います。

 

管理人オススメ教材&ツール

コメントを残す