【コピペでOK】サイトのHTTPS化の際にシリウスで.htaccessにリダイレクト用コードを追記させる方法メモ

メルマガ移行中
現在、ブログとメルマガについてリニューアル中です!
新メルマガはこちらで配信していくので、まだ移行していない人は登録お願いします。
今すぐ購読する!!

今はこんなことに力を入れて動いています!
最近の活動について

サイトのHTTPS化は避けて通れないことを実感したのでようやく重い腰をあげることにしました。そのHTTPS化を行った後にリダイレクトコードを記述する作業があります。シリウスで作成したサイトに記述する備忘録メモです。

「http://itwo.biz/」ページに訪れた人を「https://itwo.biz/」に転送させるにはリダイレクトをさせると便利です。そのために記述しておきたいコードです。

通常はFTPソフトで転送すればいいのですが、どうもうまくいかない。シリウスでアップロードするたびに.htaccessが上書きされていることがあります。

ということで、早速その方法とコードを説明します。

 

シリウスで.htaccessにリダイレクト用コードを追記させる方法

シリウスの「サイトオプション」を開いて.htaccess設定のタブをクリック。そこに下記のコードをコピペして貼り付けます。

こんな感じになります。

これでOKを押して、保存→サイト生成→アップロードで終了。

※ワードプレス等で作成しているサイトは、上記のコードを.htaccessファイルの先頭に記述すればOKです。(一つのドメインにシリウスとワードプレスを入れている場合は少し注意が必要です。次章参照)

 

【補足】エックスサーバーを利用していてPHPのバージョンが勝手に変わってしまう壁にぶつかる

サイトのHTTPS化で気づいたのが、エックスサーバーを利用していてPHPのバージョンが勝手に書き換えられているということです。どうもエックスサーバーの仕様らしいです。

参考:「エックスサーバーでPHPのバージョンが勝手に変わってしまう場合の対処法」

 

上記サイトを参考に.htaccessを書き換えてもまったく無理。エックスサーバーの管理画面からPHPのバージョンを変更してもいつの間にか戻っていて迷宮入りでした。

そこで、この原因を突き止めていくと、本件のシリウスサイトとワードプレスを混合しているドメインだったことに気づきました。

具体的には、一つのドメインでシリウスとワードプレスを入れている場合にこの現象が起こります。

大丈夫な例:
「https://itwo.biz/」にワードプレス、
「https://itwo.biz/sirius/」にシリウスサイト(サブディレクトリ)

大丈夫な例:
「https://itwo.biz/」にワードプレス、
「https://sirius.itwo.biz/」にシリウスサイト(サブドメイン)

PHPのバージョンが戻る例:
「https://itwo.biz/」にシリウス、
「https://itwo.biz/sirius/」にワードプレス(サブディレクトリ)

というように、シリウスサイトのサブディレクトリでワードプレスサイトを展開している場合には、優先されて書き換えられてしまうようです。(そりゃそうだよな・・)

>>サイト作成ソフト「シリウス」とは?

1カラムページでセールスレターを展開するためのワードプレスだったのですが、サブドメインや別ドメインで展開するほうが良さそうです。このあたりは後日いろいろ.htaccessファイルを触ってみます。

※.htaccessファイルは非常に大切なファイルなので、必ずバックアップを取ってから行うことが重要です。自己責任でお願いします。

管理人おすすめシステム

コメントを残す