今までありがとう。スゴワザから完全撤退しました

レポートスタンドのスゴワザからレポートを全て撤去しました。ひとまず完全撤退します。 以前、レポートスタンドのスゴワザが有料化サービスになるという話をしました。2014年の2月なのでおよそ4年前ですね。(懐かしい笑) これまでは、メール配信システムVPS-NEOのピーアールジャパン株式会社が運営していると思いましたが、運営会社が変更になっていました。 平成27年6月1日をもってスゴワザはピ

続きを読む

誰でも簡単にメルマガ登録フォームを組み込んだランディングページができます

前から気になっていたエキスパのサイト作成機能を使ってメルマガ登録ページを作ってみました。作り終えて感じたことは、「初心者なら簡単にできる親切設計」「中級者以上なら量産ができる便利な機能」という印象を受けました。 サイト作成の初心者でもOK 評判どおり、難しい知識も不要で 簡単にランディングページを作ることができます。エキスパのサイト作成機能は無料アカウント開設だけで利用することができます。

続きを読む

エキスパートメールのオプション価格が大幅に値下げされました

メール配信システムのエキスパートメールで、 オプションの利用価格が大幅に値下げされました。 金額で利用を悩んでいた人には嬉しい知らせです。 告知なく、いつの間にか値下げされていたので、 気づかなかった人もいるかもしれません。 情報を発信している立場としては・・・ 事後告知でも良いので改定の案内は欲しいところです(苦笑)。 いずれにせよ、値下がりによって 新規利用&継続利

続きを読む

無料レポートで稼ぐということ

インターネットビジネスにおいて無料レポートというのは、今でも変わらず重要な存在の一つです。レポート発行者のメリットは「メルマガ読者が増える」ということも当然ながらありますが、その他にもたくさんのメリットがあります。 自分媒体以外からも情報発信ができる まず、自分の発信する情報を広く知ってもらえる、ということ。 通常、自分の情報を発信するときには、ブログやメルマガ、SNSなどの自社媒体を持

続きを読む

エキスパートメールの料金プランはどのように変更されたのか?

メルマガ配信で利用者も多いエキスパートメールの 料金プランが大きく変更となりました。 これまでとは全く異なる料金形態ですが、 どのように変化したのかまとめてみます。 エキスパートメール新料金プラン 新しくなったエキスパートメールの利用料金では、 システム基本利用料+オプション利用料となります。 メールシステムの基本使用料は以下の通りです。 元々の料金との

続きを読む

エキスパートメールネクストとは?

メルマガ配信システムのエキスパートメールに 新プランエキスパートメールネクストが登場しました。 これまでになかった新しいコースです。 エキスパートメール ネクストの詳細 新しいコースのエキスパートメール【ネクスト】は、 既存のエキスパートクラウドとエキスパートプロの 中間プランという位置づけのようです。 エキスパートメール【ネクスト】のスペックは以下の通りです。 読

続きを読む

無料レポートの見た目が激変する、最新デザインテンプレートを全員にプレゼント

無料電子書籍を発行している人、 いわゆる無料レポートを発行している人は 多くの人に読んでもらうことが大切です。 そのために紹介文に凝る人もいますが、、 一番大切なのは、わざわざ手に取って 読んでくれた人に対して与える印象です。 読む人に好印象を与えるためには 殺風景なPDFファイルを使うより、 装飾されたテンプレートを利用して キレイなレポートを作った方が好まれま

続きを読む

スゴワザレポート申請料金の重複表示に関して回答を頂きました。

スゴワザのレポート申請料金が重複表示されていた件について、回答を頂きましたので最新情報を載せておこうと思います。 前回、スゴワザのレポート申請可能本数がアップしたとお伝えしたとき、料金体系が2種類掲載されていたのでどちらかわかりませんでした。 (※参考:スゴワザのレポート申請可能本数が大幅にアップ) 2014年10月11日現在の申請料金についてまとめます。 スゴワザの料金体系の最新版

続きを読む

まぐまぐからの不審なメール?

ありとあらゆる不正な手を考えて行う人がいますが、 ついにまぐまぐを装った不審なメールが登場です。 まぐまぐ公式ページも正式に警告を発信 【 info@mag2.asia 】というドメインとメールを利用して、 広告に誘導するという悪質な手法のようです。 まぐまぐほど大きなメルマガ配信サービスを提供していると、 便乗する人も出てくるのでしょうね。 現時点で、まぐまぐから配

続きを読む

スゴワザのレポート申請可能本数が大幅にアップ

無料でレポートを読めるレポートスタンドのスゴワザが、レポート申請可能な本数を大幅にアップしたようです。 前回の記事では、有料化後に何度か修正があり、年会費AコースとBコースという制度になったとお伝えしました。(※VPS-NEOのユーザーでない場合) つまり、これまでは下記のような仕組みでした。 (参考:無料レポートスタンドのスゴワザが再び審査料金の値上げ) スゴワザの新料金体系は

続きを読む