顕在ニーズと潜在ニーズの違い|顧客ニーズを理解する

顧客のニーズをつかむためには、顕在ニーズと潜在ニーズを理解することが重要です。 では、顕在ニーズと潜在ニーズの違いとはどういうことなのでしょうか。 商品やサービスが売れるためには、顧客のニーズを知り、それを満たす商品を作ることがポイントです。 顕在ニーズとは 顕在ニーズとは、いま直面している問題や課題に対する要求です。 問題が表面化して、自分で認識できていることが多いため、解決する方法

続きを読む

ブランディングで大切なのは価値を高めること

ネットビジネスに限らずブランディングの重要性は企業でも認知され、大企業であるほどブランディングが成功しています。 ブランドとは マーケティングでは、「あらゆる企業・製品をブランド」と考えます。つまり、その製品や製品群・企業全体に対するイメージや認知度全般がブランドです。 ネットビジネス業界では、"その人物"をブランドとして展開していくことが多いわけですが、これは企業でいうと、企業全体に対する

続きを読む

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)とは、情報の受ける相手に「問い合わせ」や「注文」といった行動を起こさせるマーケティングの手法です。 横文字ということもあり、DRM??ダイレクトメールか?スパムか?というイメージをもたれることもありますが、日本の企業でもこの手法を取り入れていることも多いです。また、誰もが生活の中で自然と使っている手法です。 そもそも、だいれくと・れすぽんす・

続きを読む

ネットショップは過去事例・販売事例を活用して幅を広げる

実店舗とネットショップで大きく違うポイントとしては、その運営スペースに限りが無いということです。置いておける商品数、提示している商品数がサーバー容量の許す限り無限だということです。 インターネットという特徴を生かして、過去事例や販売事例を紹介することが有効です。これは、ネットショップの取扱商品によっても多少異なりますが、「オリジナル商品」「作品系の商品」「個別に対応する商品」などを扱っていれば特

続きを読む

ネットショップは繁盛していそうなショップにすることがポイント

ビジネス全般で大きな課題となるのが「集客」です。ネットショップにおいても集客に関しては運営に重要な項目となります。そのために、ネットショップにお客様を呼ぶために重視するべきポイントはどんなことでしょうか?! これは例外なく、「検索エンジン」です。ネットショップだけでなく、ネットビジネスでも検索エンジンによる集客は非常に大切です。SEO対策は様々な方法があり、正しい方法や効果的な方法というものが掴

続きを読む