Catch the Writing(キャッチザライティング)とは

めるまが
アレやコレがもらえるキャンペーンやってます
詳細はコチラから!!

Catch the Writing(キャッチザライティング)とはコピーライティング教材です。

しかも、Catch the Writing(キャッチザライティング)は単なるコピーライティング教材ではなく、長年実績を出し続けているインターネットビジネス企業が公開している教材です。それだけに、教材ではわかりやすい上に実践的な内容になっているという特徴があります。

 

キャッチザライティングは誰が出している教材なのか?

Catch the Writing(キャッチザライティング)はインターネットビジネスの業界で10年以上に渡り結果を出し続けているキャッチザウェブさんが提供しているコピーライティング教材です。

特にアフィリエイト業界にいる人であれば、一度は名前を見たり聞いたりしたことがあるでしょう。それくらい老舗の会社です。

こういったライティング教材を選ぶときに大切なのは、「誰が提供しているノウハウなのか?」ということです。コピーライティングという特性上、実績や顔を出さずに販売することも可能ですし、現にそういった教材もあります。

購入する立場からしてみると、誰が提供しているノウハウなのかは非常に重要です。適当なことばかり述べられていて、実際に購入してみたらチンプンカンプンの内容では全く意味がありませんよね。

その点、このように何年にもわたって運営し続けている会社のノウハウというのは安心できます。

もし、仮にですよ、その内容がくっそつまらないものであれば、会社の顔にも泥を塗ってしまうわけです。その分、内容もしっかりとした教材になっていることはあらかじめお伝えしておきます。

 

キャッチザライティングと他のコピーライティング教材との比較はどうか?

よく目にするのがキャッチザライティングと他のコピーライティング教材との比較です。

まあ、こういった業界ですので、比較やランキング方式でレビューすることはよくあります。残念ですが、当サイトでは今回そういった比較はしません。

なぜなら、何か一つの教材を踏み台にして、他の(本当に薦めたいと思っている)教材について書くのは苦手だからです。たくさん教材をならべて独自の感性でランキング方式でレビューするならいいでしょうが、そもそも教材っていうのは「コンセプトが違う」ので比較対象として成立させるのが難しいわけです。

このへんは文字にしなくても冷静に考えればわかる部分だと思います。

ということで、キャッチザライティングは他のコピーライティング教材との比較になるものではありませんが、キャッチザライティングを私が手にして感じた特徴があります。

それが「わかりやすい」ということ。

世の中にはコピーライティングに関する分厚い書籍や教材もたくさんあります。コピーライティング業界は難しい言葉や理解に苦しむような内容も多いのですが、キャッチザライティングは非常にわかりやすいです。

これは教材が動画メインで提供されているのが大きな理由です。

コピーライティング教材だから文字で表現すべき!というガチガチの概念なんてありません。なぜなら、手にする人が重要なのは「理解できるかどうか」と「それを実践することができるかどうか」が大切だからです。

文字のテキストベース教材が悪いわけではなく、動画で提供されているだけに頭にも入りやすいわけです。

これって、文字だらけのビジネス書を読むよりも、マンガ形式で解説されているビジネス書の方が理解しやすいことがあるのとまったく同じです。

別に、「必ず、文字で学んで文字で表現しなければいけない」と決められているわけではありません。理解できて実践できれば全く問題ないし、むしろそっちの方が手に取った人にしてみればありがたいです。

この「わかりやすさ」って部分はキャッチザライティングの大きな特徴です。

 

キャッチザライティングの中身を実際に手にした上でわかったこと

キャッチザライティングでは、コピーライティングの重要さを改めて認識することができました。コピーライティングに関する小手先のテクニックはたくさんありますが、それだけではダメだということです。

知っているテクニックを駆使しているにもかかわらず、売上がほとんど変わらないって人も多いです。これには、心当たりがある人もいるでしょう。

教材とか書籍とか読みまくっても、結局ほとんど変わらない状況ってマジで悲しいです。何が悪いのかもわからなくなってきます。そういった人って、さらにどんどんテクニックを欲しがって、結果的にごちゃまぜのテクニックだらけ。

私も以前はそっち側の人間でした。

コピーライティングのスキルを身に付けるためには、多少なりともテクニックの部分は必要になります。しかし、そこだけに目を向けてしまってはダメだということです。

基礎となる土台がしっかりと身についていないと、いくらテクニックだけを覚えても効果はありません。逆に、この基礎となる土台の部分が身についていれば、目に見えて結果が変わってきます。

キャッチザライティングでは、このようなコピーライティングの基礎からテクニックまですべてを学ぶことができます。

この金額で一生モノのスキルが学べるなら安いです。

 

キャッチザライティングをあきらめてください

ハッキリ言いますが、この金額が高いと感じるなら購入をやめておいた方がいいです。目指しているものが違えば価値観が異なるのは当然ですので、なにも無理して手に入れることはないです。

なぜなら、コピーライティングを学んで100円稼ぐことを目指している人からしてみれば絶対に高い金額に感じますよね。そのあたりの金額目標なら、マジでやめておいたほうがいいです。

今回のキャッチザライティングはキャッチザウェブさんが10年で70億円を売り上げたコピーライティングの秘密を学べます。

あなたが10万円を稼ぎたいのか、100万円を稼ぎたいのか、10億円を稼ぎたいのか。

これらの金額を手にしようと目標を掲げているならば、そこまで高い金額ではないし、むしろ安いです。しかもキャンペーン中ならあり得ない金額設定で手に入れることができます。

しかも、本体商品だけでなく、今回は付随している特典がヤバいです。その特典だけでも金額以上の価値があります。さらに、今回は当サイトからの特典も用意しましたので、合わせて活用することでその価値が高まります。

ヤバい特典はどういった内容で、どのようなことが学べるのか。
そのあたりに注目してほしいと思います。

>>キャッチザライティングの詳細レビューと購入特典のご案内はこちら

 

キャッチザライティングの詳細レビューと購入特典のご案内

 

管理人おすすめシステム

One Response to “Catch the Writing(キャッチザライティング)とは”

  1. Manohiroと申します。
    ブログランキングから訪問させて頂きました。

    >Catch the Writing

    初めて知りました。

    無料を購読してみます。

    ポチ、しました。

コメントを残す