TCDの新WordPressテーマ「RUMBLE(ランブル)」が発売開始

めるまが
アレやコレがもらえるキャンペーンやってます
詳細はコチラから!!

ワードプレスのデザインテーマを販売しているTCDが、キュレーションサイト構築にも最適な新テーマ「RUMBLE(ランブル)」を発売開始しました。

WordPressテーマ「RUMBLE」

ワードプレステーマRUMBLE(ランブル)の第一印象と特徴

ワードプレステーマRUMBLE(ランブル)の第一印象と特徴をみてみます。

  • トップページは一目でユーザーを惹きつける大型ヘッダースライダーを搭載
  • 閲覧数に応じてページランキングを自動生成できる機能を搭載
  • レイアウト変更機能が豊富(パソコン6タイプ、モバイル2タイプ)
  • インフィード広告に対応しているので広告収入が期待できる
  • パスワードをかけて会員限定コンテンツを配信できる機能を搭載(ウェブマガジンや無料会員への登録を促すことができる)
  • フラットデザインを搭載した大型メディアサイトにも最適

当然、これまでのTCDの基本的な機能は搭載されています。情報量が多いサイトにピッタリのデザインテーマになっています。

第一印象としては、大型情報サイトに使いたいと感じました。

なぜなら、トップページを中心にパッと見たときに入ってくる情報料が多いからです。また、記事ページからでも他コンテンツへのサイト内周回がしやすいような工夫がたくさんあるからです。

これまでのTCDテーマと比較すると、WordPressテーマ「Opinion」やWordPressテーマ 「CORE」に近いような気がします。(それぞれコンセプトが違いますので、それぞれまったく異なるものです)

「Bloom」のようなトップページも魅力的ですね。これまでのテーマで良いところを引き継ぎながら、新しいコンセプトのもとに生まれたテーマです。

上記で挙げた「Opinion」「CORE」「Bloom」のすべてを購入しているので、今回の「RUMBLE(ランブル)」はかなり揺れ動きます。笑

インフィード広告・・・いいなあ。これ欲しい

RUMBLE(ランブル)はインフィード広告を寛太に設置できる機能があります。この仕組みはいいですよね。有名どころでいえば、Yahoo!サイトでもよく見かけます。

これがあると無いでは収益額が全然違います。すべてのTCDテーマに付けてほしいくらいです。いいなあ。(切実)

記事コンテンツで会員専用ページってぶっちゃけかなり効果あります

欲しい情報を探しているときに、「この記事を読むには・・・」と無料会員登録を促すページに出会うことがありますが、これってかなり有効ですよね。一回くらいならサイト離脱して他のサイトを探してもいいのですが、検索でひっかかるようなサイトって、結局同じような情報を探しているときに再び出会うことがよくあります。「またこのサイトか・・・」って。それが続けば、もう無料会員になった方がいいやって思ってしまいます。

この仕組みをどれくらいの人が取り入れているか知りませんが、少なくとも私が運営しているサイトでは効果があります。まあ、RUMBLE(ランブル)のようなデザインされたページではなくて、原始的な表示方法なのでデザインされた保護ページ機能は素敵ですね。

発売直後のまとめ

オウンドメディア構築している人であれば、とても魅力的な機能が満載の新テーマです。気になる点を挙げるとしたら、1カラム固定ページはないのかな?(いろいろ見ましたがこの機能は見当たりませんでした)というくらいです。もし1カラム固定ページ機能が無いとしても、下位ディレクトリに別テーマを入れて使えば簡単に問題解決しそうですね。

他にも、RUMBLE(ランブル)には投稿者一覧ページ機能があって、投稿者別に記事を表示させたりプロフィールを表示させたりすることができます。そのため、外注さんを使ってメディアサイトを構築しようとしている人であれば使いやすい仕組みが満載です。

過去記事を埋もれさせないような仕組みがあるのもいいですね。記事コンテンツが多くなってくると、どうしても過去記事が眠ってしまいがちです。それを有効活用できる配慮がされているのは嬉しいです。

新テーマ発売ということで、サクッと印象を書こうと思っていたのに、予定以上に文字数が増えたのでこのあたりで〆

新しく搭載された機能を全て確認するには下記公式ページよりどうぞ。

【公式サイト】WordPressテーマ「RUMBLE(TCD058)」

これは手に入れておきたいなあ。

管理人おすすめシステム

コメントを残す