読みやすいメルマガを作っていくコツ

めるまが
アレやコレがもらえるキャンペーンやってます
詳細はコチラから!!

読みやすいメルマガは反応率の向上にもつながります。メールを開いて、読みづらいメルマガならそのまま閉じた経験もあると思います。

では、読みやすいメルマガとはどのようなメルマガでしょうか。

 

読みやすいメルマガとは、人間の目の動きに着目して考えることです。上から下に読む左から右に読む、この目の動きがラクになるように文章作成をしていきます。

 

適度に改行を入れる|読みやすいメルマガ

適度な改行を入れることと、読みやすさには密接な関係があります。パッと開いたメールにギッシリと文字が羅列してあると、読む気が失せることもあります。

だいたい2~3行に1度は改行を挟みたいところです。それだけでも格段に読みやすいメルマガになります。

 

1行の長さを短くする|読みやすいメルマガ

目の動きの基本は上から下と思って良いでしょう。
それを横に動かすような文章が多いと疲れてしまいます。

ある程度の長さに留めて、目線を横にずらさなくて良いような長さにすることです。

 

読者の媒体をイメージしてみる|読みやすいメルマガ

これまでは、パソコンで見ていたメールもモバイル機器の発達により、スマートフォンでパソコンメールを見る人が増えてきています。

自分のメールの長さを自分の端末から見てみて、読みやすいレイアウトになっているかどうか確認しましょう。

 

例えば、12文字で改行を入れているとして、見る端末やアプリケーションが10文字で改行されるものだと非常に見づらくなります。

逆に、ガラケーを意識して改行を少なめに設定したものを、パソコンで見るとやたら横に長い文章になることもあります。

 

これらはすべての端末をカバーすることは難しいので、読者アドレスの比率から推測したり、直接アンケートを取って聞いてみるなど。

読者の立場になって考えていくと、読みやすいメルマガになっていきます。

 

実は・・・、

この「読みやすいメルマガ」という考え方の反面、「読ませるメルマガ」という考え方の手法もあります。それに関しては、また別の機会にお伝えします。

 

管理人おすすめシステム

One Response to “読みやすいメルマガを作っていくコツ”

  1. おばねえちゃん より:

    こんにちは!
    一生懸命になりすぎて、読んでくれる人のことを忘れてしまっては、せっかくのメルマガも、活かしてもらえないかもですもんね。

    細かい注意点、とっても身にしみて分かりました。
    これからメルマガを発行したいと思っているので、とてもとても参考になります。
    これからもよろしくです。
    応援ポチツ

コメントを残す