キーワードで絞り込んだアクセス|アフィリエイト

急上昇中!
ブログランキングがんばってます^^
詳細はコチラから!!

キーワードでは、検索するユーザーの購買意欲が高いかどうかを見極めることが重要となります。ユーザーの購買意欲が高いということは、それだけ成果が上がりやすいということです。これら購買意欲が高いかどうかにはポイントがあります。

それは具体性です。
そしてその具体性には「具体的な商品名」と「具体的な条件」があります。

kaidan-spain

具体的に検索する人ほど、その商品に対する意欲を持っている可能性が高くなります。
例えば、「iPhone」より「iPhone ケース」で検索する人は、欲しい商品や求めている商品が決まっているため、購入する意識が高いと考えられます。

求めるデザインが決まっているなら、この意識はさらに高い可能性があります。「iPhone ケース 迷彩」などです。「iPhone」だけの検索キーワードより、商品を求めているユーザーである場合が多いということです。

 

必要性の高い商品(サービス)

また、必要性の高い商品(サービス)も狙い目です。
「ランドセル」「ベビーカー」などもそうです。こういった商品は、なかなか興味本位だけで検索するものではありません。

小学校へ入学を迎える子供がいる人、またはプレゼントしようと考えている人の可能性が高くなります。ベビーカーも同じです。出産や出産祝いなどを考えているケースが考えられます。

このように、ユーザーが商品検索するときには、「外的要因」と「内的要因」があります。
自分で使用しようとしているのか、誰かにプレゼントしようとしているのか。ユーザーの視点に立ったキーワードで考えていくと、より成果に繋がりやすくなります。

 

まとめ

「具体的な商品名+具体的な条件」で検索するユーザーは成果につながりやすいということです。サイトのテーマを考えていく上で、これらのキーワードを意識しながら構築し、記事を書いていくことが重要です。基本的なことですが、意識し続けている人とそうでない人がいます。

「アクセスはあるけど、成果にあまり繋がっていない」「成約率を上げていきたい」という人は今一度この点を見直してみると良いでしょう。

注意したいところは、ユーザーの購買意欲で「商品比較」や「商品の下調べ」に関しては、ここでは含めて考えていません。単に商品比較したい人なら大手サイトで調べるでしょうし、商品の下調べならメーカーサイトで調べるでしょう。

ここでは、特定の商品を買う気があるユーザーに関しての具体性キーワードなので、アクセス解析をしてどの段階のユーザーかを知ることも大切です。 

管理人オススメ教材&ツール

コメントを残す