ネットショップ運営のメリットとデメリットについて

メルマガ移行中
現在、ブログとメルマガについてリニューアル中です!
新メルマガはこちらで配信していくので、まだ移行していない人は登録お願いします。
今すぐ購読する!!

今はこんなことに力を入れて動いています!
最近の活動について

ネット販売でのメリットデメリットとは何でしょうか?

ネットショップと言ってもたくさんの種類があります。大きく分けて物販と技術(加工)販売があります。実際はもっとありますが、細分化していくととんでもないことになるので今回は割愛します。大きな括りのネットショップということです。

 

ネットショップ運営のメリットは?

大まかに言うとメリットは少ない投資で始められることと、軌道に乗ればリターンが大きいということです。デメリットは勉強無しでの成功はなかなか難しいということです。

リスクに関しては実店舗と比べてコストがかかないのでほとんどありません。ほんとに誰でもスタートできることができるものです。

実際に誰もが始めているジャンルです。ただ、きちんと利益を出せているショップは約2割と言われます。残りの8割のショップが赤字ということです。

ある程度成功させるのに必要なのは「勉強」です。
勉強がアイデアを生み出し、差別化を図れる要因になります。

私は現在ネットショップを運営しています。運営歴は約8年(執筆現在)です。勉強無しでは同業他社以上には追いつけませんし、知識が無いと業者にも相手にされません。それが法人ではなく個人だとなおさらです。

もし今から始めようと考えている人でも遅くはありません。
きっとネットショップはこれからも増えていくでしょうし、勉強と言ってもポイントを押さえて学べば大丈夫です。逆にこのポイントを間違えて勉強しても売れませんし利益も出ません。

 

ネットショップ運営のデメリットは?

ネットショップのデメリットは実店舗と比べてお客さんの顔を見ながら対応することができない点にあります。顔が見えないため、インターネット上で全てユーザーの反応を確かめたり、常に動向を調査する必要があります。

また実店舗であれば良い立地へ店舗を構え、人が通ることによって購入してくれる人が出てくる可能性もあります。一方でネットショップだと何の努力もなく運営しているだけであれば、お客さんの目に触れることすらなく埋もれてしまいます。つまり、売上げが期待できないのです。

 

ネットショップの運営方法

簡単にネットショップのための方法を記載します。
大きく分けて2つです。

1.「ショッピングサイトを自分で作成して運営する」
2.「ショッピングモールに登録してサイトを作る」

1.のショッピングサイトを作成するメリットは仲介手数料を取られないことです。売上がそのまま入ってきます。デメリットは認知されるまでに時間がかかることでしょう。

2.のショッピングモールとはYahoo!ショッピングや楽天市場、ビッダーズなど大手のWEBショッピングモールの利用です。わかりやすく言うとすでにある商店街の一部にショップを出すという感覚です。

メリットはサイト集客の手間が省けるということによる売上げまでの期間が短くて済みます。デメリットは出店にお金がかかることと、売上げから仲介手数料が取られるということです。

1.の自社サイトだけで始めて運営するには集客が大変です。リターンは大きいですけどね。なので、多くのショップが楽天やYahoo!などのショッピングモールを活用しながら自社サイトに流していくということが現在では主流です。

出店にはお金がかかりますが、初期投資はどのビジネスにおいてもある程度必要なものです。ネットショップは実店舗に比べたら初期投資は安いものです。

 

アフィリエイトと比べたネットショップの魅力とは

情報商材をアフィリエイトするよりかはラクです。

商品がよほど悪くなければ継続して収入になりますし、なにより長く続けられる商売のひとつです。今の私はリスクヘッジと勉強の一環として商材アフィリに取り組んでいます。

それでは最後にネットショップにおけるヒントというかポイントです。
商材アフィリと大きく違う点があります。

  • 価格が自由に決めれるという点
  • 同じ価格でも利益率を変えれる点

商材アフィリは原則同じ紹介報酬価格です。そこに付加価値として特典を付けまくる特典勝負になってくることがあります。付加価値が「この人から」「このショップから」にさらにプラスして特典乱立となるのです。

現在私がおススメ教材として紹介しているルレアの販売金額が約2万円。これを例えば5千円で販売することができるのがネットショップの魅力です。

【誰から買うか】
【なぜこの人から買うか】

この2点のうち、1点に力を注ぐことができますよね。

深夜の通販番組でよく見かける「今なら同じ2つお付けします」とか。いろいろ付けるなら「安くしろよ」と思います。でもそれが難しいのが商材アフィリで、可能なのがネットショップです。

つまり、販売価格は自由に決めることができ、仕入れ値は努力次第で変えることができるということです。

ネットショップにおいては【商品選び】【仕入先と販路の確保】が重要ということです。勉強が基本ということは伝えましたが、これらに重点を置いて勉強すると赤字ショップにはなりません。

ぜひ、これから取り組む人やショップ運営で悩んでいる人は頑張ってください!

 

PS:
ネットショップ運営はよく質問を受けるので専用メルマガを配信します。

管理人おすすめシステム

コメントを残す