過去の記事をリライトしてアクセスアップを目指す!|LUREA(ルレア)実践記10

メルマガ移行中
現在、ブログとメルマガについてリニューアル中です!
新メルマガはこちらで配信していくので、まだ移行していない人は登録お願いします。
今すぐ購読する!!

今はこんなことに力を入れて動いています!
最近の活動について

これまで作成した記事をそのまま放置していても、アクセスが来ないまま月日だけが経過していることがあります。

一生懸命書いた記事をしっかりと見直すことによって、その記事が無駄になることなく、人の目に触れるように記事をリライトしてコンテンツをより良いものにすることが大事です。

過去の記事をリライトすることでアクセスアップにもつながりますので、時間を確保して作業をしていきましょう。

 

眠っている記事があればリライトして再活用する

ブログやサイト、応援していると数ヶ月前、数年前の記事が眠っていることがあります、それらの記事をリライトすることで再活用することができます

1度勢いで書いてしまった生地で、そのまま修正を加えずに投稿したままの記事であることもありますまた、その時感じた感性とは価値観が変わり、数ヶ月数年経った今ではその時の表現とは違うな、といった思いを抱くこともあります。そのような時に記事をリライトして再活用することで過去の記事が無駄になることなくフルに活用することが可能です

例えば1年前はこのように思っていたけど、今は少し考え方が違って言うこともありますよね、その様な時に新しい記事を書くのもいいですが、既に歩き事を手直ししてリライトすることも一つの手です。これによって一から文章考える必要もなく、すでにある記事をもとに組み立てていくことができるので、時間の短縮にもつながります

 

過去記事にテコ入れすることでアクセスが増えることも

過去記事にテコ入れすることで、アクセスが増えることがあります。これまで書いた記事もキーワードの選定ミスや扱うテーマによって訪問者が来てくれなかった可能性もあるからです。

そして、これらの記事は工夫したり、キーワードを変えるだけでもアクセスが来るようになることもあるのです。

実際に私は投稿済みの記事を定期的に見直すことが多いのですが、それによってアクセスがアップしたことが何度もあります。

また、すでにアクセスが来ている記事に対しても、書き方を変えたり言葉の表現を変えることもあります。すでにアクセスが来ている記事だとボリュームを増やすことによって、より良いコンテンツに仕上げることもできます。

つまり、新しい記事を投稿する作業だけでなく、過去の記事を定期的に見直すことでもアクセスアップに繋げるってことです。

 

リライトが苦手な人は

リライトが苦手な人は、そもそもリライト方法がよくわからないということが原因だって人も多いです。リライトは手順や方法を分かってしまえばスラスラとこなせるようになり、執筆の時間短縮にもつながります。

リライトというと、他人の記事をパクるといった悪いイメージを持っている人もいますが、自分自身の記事を見直したり、組み立てを変えたり、作り直すということが本来の目的です。

一つの物事に対して違う側面からアプローチしてみたり、別の言葉でわかりやすく表現したりして、読んでくれる人に対してより適切に伝えることを目的としてリライトをします。

リライトするスキルも一度覚えてしまえば、ある程度自分の形となりパターン化させることもできるので、自分の形を見出してしまえば文章をスラスラと作り替えることができます。そしてこの方法を覚えれば、一から文章を作ることよりも、圧倒的に時間を短縮させることができるのです。

正しいリライト方法については、こちらでポイントを解説しているので参考にしてみてください。

※参考→リライト文章の書き方とコツ~正しいリライト方法を覚えて記事を作成する方法~

この一定の法則に従って作業をしていくことにより、自己流でやるよりも時間が短縮できたり、自然で綺麗な文章を作成することもできるようになります。

 

本日のLUREA(ルレア)実践記 まとめ

ブログやサイトを運営していると何十記事、何百記事と記事コンテンツが蓄積されてきます。

ブログでは新着記事として日々新しい記事を投下していくことも大切ですが、過去に作った記事を時流に沿って対応したバージョンに直して再度投稿することも大切です。

リライトは一度作った文章を無駄にすることなく既存の記事を活用できるので、様々な角度からアクセスを呼び込みたいと考えている人にもぜひ試してほしい方法ですね。

管理人おすすめシステム

コメントを残す