投資不動産購入の自己資金額目安はどのくらいあればよいか

新メルマガ移行中
今後はブログとメルマガについて見直していこうと思います。
新しいメルマガはこちらで配信していくので、まだ移行していない人は登録お願いします。
今すぐ購読する!!

インターネットビジネスをしていて不労所得というワードに興味を持ち始めた場合、不動産投資(家賃収入)による不動産購入に興味を持つことがあります。

その際に、どのくらいの自己資金があれば不動産を購入して家賃収入が得られるのか、どのくらいの自己資金を目安にすればいいのか、と悩みます。

今回は投資不動産を購入する際の自己資金の目安について解説します。

 

賃料収入を目的とした不動産購入はどのくらいの自己資金を用意したらよいか

投資不動産を購入する際の自己資金額は不動産購入額の2割程度を目安に考えるのが一般的です。個人的には3割程度あったほうが安全だと思います。

ただ、これは不動産の評価額やキャッシュフローの状況によりますので一つの目安として考えておけばよいと思います。

 

フルローンで投資不動産を購入するのは危険

一番危険なのは自己資金が無い状態でフルローンでの購入です。

不動産購入時には物件購入額のほかに諸費用がかかります。さらに、空室のリスクや税金の支払い等を考えるとギリギリの自己資金で購入すると不測の事態に備えることができません。

購入前にはキャッシュフロー計画を立てておかないと、キャッシュが回っていかないという状態に陥ってしまいます。担当者としっかりと話し合っておく必要があります。

 

インターネットビジネスから不動産投資を始めたい

これを読んでいる方の中にはインターネットビジネスから不動産投資へと考えている人もいるでしょう。

もし年齢が若くて、自己資金もあまりなく本業はネットビジネスだ!という場合の不動産購入最短ルートは「現金を貯める」もしくは「会社経営にする」ことです。会社経営で業績が良ければ銀行から融資も受けやすくなります。

インターネットビジネスからの収支が安定してきたら、会社を設立して一つずつ段階を踏んでいきましょう。

管理人おすすめシステム

コメントを残す