方言や文字を一括変換できるサイト「もんじろう」

新メルマガ移行中
今後はブログとメルマガについて見直していこうと思います。
新しいメルマガはこちらで配信していくので、まだ移行していない人は登録お願いします。
今すぐ購読する!!

文章を入力すると一括で言葉を変換してくれるという、
簡単に遊べるおもしろいサイトがあります。

その名も、もんじろう。
無料で使えるフリーサイトです。

 

■言葉・方言変換サイト「もんじろう」
もんじろう

 

もんじろうで変換できる言葉・方言一覧

変換できる方言や言葉の種類も豊富です。
方言に一括変換

普段使わない、、、と思われるものも多数ありますが、
好みに応じて選択して変換することが可能です。

 

もんじろうで実際に文章を変換してみました

夏目漱石の「こころ」をもとに試してみましょう。
太字の部分が変換された箇所です。

元の文章

私わたくしはその人を常に先生と呼んでいた。だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。これは世間を憚はばかる遠慮というよりも、その方が私にとって自然だからである。私はその人の記憶を呼び起すごとに、すぐ「先生」といいたくなる。筆を執とっても心持は同じ事である。よそよそしい頭文字かしらもじなどはとても使う気にならない。

武士語

それがしそれがしはその人を常にと呼みておりきじゃから此処でもただにしたためるのみにてにて実名は打ち明け世俗を憚はうつけ者る遠慮と云ふにても、そのそれがしとりて自然じゃからなり拙者はその人の記憶を呼び起すごとに、すぐ「」とよきたくなる。筆を執いと持は同じ事なりで候で候しき頭文字であろうかもじなどはいと使う気にならぬ

竜馬語

あしわたくしはその人を常に先生と呼んでいた。だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。これは世間を憚はばかる遠慮というよりも、その方があしにとって自然だからである。あしはその人の記憶を呼び起すごとに、すぐ「先生」といいたくなる。筆を執とっても心持は同じ事である。よそよそしい頭文字かしらもじなどはしこたま使う気にならない。

おねえ語

アタシわたくしはその人を常に先生と呼んでいた。だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。コレは世間を憚はもうっ!おばかさんねぇる遠慮というよーんりも、その方がアタシにとって自然だからである。アタシはその人の記憶を呼び起すごとに、すぐ「先生」といいたくなる。筆を執とっても心持は同じ事である。よーんよーんそしい頭文字かしらもじなどはとても使う気にならない。

マイケル語

ミーわたくしはその人を常に先生と呼んでいた。だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。これは世間を憚はばかる遠慮というよりもポゥッ!その方がミーにとって自然だからである。ミーはその人の記憶を呼び起すごとにポゥッ!すぐ「先生」といいたくなる。筆を執とっても心持は同じ事である。よそよそしい頭文字かしらもじなどはとても使う気にならない。

ジョジョ語風味

私わたくしはその人を常に先生と呼んでいた。だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。これは世間を憚はばかる遠慮というよりも、その方が私にとって自然だからである。私はその人の記憶を呼び起すごとに、すぐ「先生」とベネたくなる。筆を執とっても心持は同じ事である。よそよそしい頭文字かしらもじなどはディモールト使う気にならない。

のりぴー語

私わたくしはその人を常に先生と呼んでいた。だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けナイナイナイ。これは世間を憚はばかる遠慮というよりも、その方が私にとって自然だからである。私はその人の記憶を呼び起すごとに、すぐ「先生」といいたくなる。筆を執とっても心持は同じ事である。よそよそしい頭文字かしらもじなどはとても使う気にならナイナイナイ

業界語

あーしわたくしぃしょの人を常に先生と呼んでいた。だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。これは世間を憚はばかる遠慮というよりもしょの方があーしにとって自然だからである。あーししょの人の記憶を呼び起しゅごとにしゅぐ「先生」とグッドたくなる。筆を執なまら心持は同じ事である。よしょしょしぃい頭文字かしぃらもじなどはとても使う気にならない。

沖縄語

ワンわたサバチうぬ人を常んかい先生と呼んでいた。やっさーからくまやてぃんやっさー先生と書ちゅんやっさーけで本名打ち明けねーらんクリ世間を憚ふらーる遠慮んでぃいーんよりも、うぬ方がわんにんかいとって自然やっさーからであんわんわうぬ記憶を呼び起すいちちんかいサーラナイ「先生」とゆたさんたくなる。筆を執しにくくる同じくとぅあん。よそよそしい頭文字かしらもじなどでーじ使う気んかいならねーらん

博多弁

うちわたくしはそん常に金八先生っち呼んでいた。だからここばってんただ金八先生っち書くだけで本名は打ち明けなか。これは世間憚はぼんくらる遠慮っちゆうちゃりも、そんうちっちっち自然だからであっけんうちそん記憶呼び起しゅっちに、しゅぐ「金八先生っちよかたくなる。筆ぶち心持は同じ事であっけんちゃしょちゃしょしい頭文字かしらもじやらなんやらちかっぱ使う気にいかん

宮崎弁

わいわたくしはその人を常に先生と呼んでいた。だからここでんただ先生と書くだけで本名は打ち明け。これは世間を憚はうーびんたる遠慮というじーりも、その方がわいにとって自然だからであんわいはその人の記憶を呼び起すごとに、すぐ「先生」といいたくなる。筆を執てげ心持は同じ事であんじーじーそしい頭文字かしらもじなどげんかてげ使う気になら

京都弁

うちわたくしはそ人を常にせんせと呼んでおいやしたからここやてせんせと書くけで本名は打ち明けへんこら世間を憚はあほる遠慮ちゅうよりも、そちらさんうちにとって自然からでおますうちはそ記憶を呼び起すぐちに、すぐ「せんせ」とええたくなる。筆を執とっても心持はおんなじ事でおますみずくさい頭文字かしらもじやらなんやらえらい使う気にならへん

大阪弁

うちわたくしはその人を常に先生って呼んでぇおったからここせやけど先生って書くだけぇでぇ本名は打ち明けへん。これは世間を憚はあほる遠慮ちゅうりも、その方がうちってって自然からでぇる。わいはその人の記憶を呼び起すごってに、すぐ「先生」ってええたくなる。筆を執めっちゃ心持は同じ事でぇる。そしい頭文字かしらもじやらなんやらめっちゃ使う気にならへん

津軽弁

しはその人先生呼んでいた。だかきやこごだばただ先生だげで本名は打ち明痒いこいは世間憚ははんかくせぇ遠慮いうりも、その方がって自然だかきやであはその人の記憶呼び起すご、すぐ「先生」いいた。筆っても心持は同じ事であそしい頭文字かしきやもじどはたげ使う気だば

練馬ザ語

bay4Kわたくしはその人を常に先生と呼んでいた。メンえびからここでもたメンえび先生と書くってそれディスってんの?メンえびけで本名は打ち明けない。これは世間を憚はばかる遠慮というYOりも、その方がbay4Kにとって自然メンえびからである。bay4Kはその人の記憶を呼び起すごとに、すぐ「先生」といいたくなる。筆を執とっても心持は同じ事である。YOYOそしい頭リリック字かしらもじなどはとても使う気にならない。

死語

私わたくなるはその人を常に先生と呼ざさざさざさざさざさざさZさZさZさZさZさいた。だっつーの!から此処ででだっつーの!先生と書くだっつーの!けで本名なるは打ち明けない。これなるは世間を憚なるはばかる遠慮というよりでで、その方が私にとって自然だっつーの!からでアールわたし的にはその人の記憶を呼び起すごとに、ちょちょいのちょい「先生」とわるいたくなる。筆を執心持なるは同じ事でアール。よそよそい頭文字かででじなどなるはとてでで使うその木何の木気になる木ならない。

2ちゃん風味

漏れわたくしはその、人を常にクックル先生と呼んDEΣ(゚Д゚ υ) イタ!!。だからここDEもただクックル先生….φ(・ω・` )カキカキだけDE本名は打ち明けねーよwwwwww。これは世間を憚はβακα…_φ(゚∀゚ )アヒャる遠慮とEうん●ーーー!りも、その、お方漏れにとって自然だからDEあるあるwww漏れはその、の、記憶を呼び起すごとに、すぐ「クックル先生」と(・∀・)イイ!!たくなる。筆を執とっても心持は同DEあるあるwwwそしE頭文字かしらもなどはテラ使うん●ーーー!気にならねーよwwwwww

ギャル語

禾厶ナニιIよξy@人を常Iニ先生ー⊂ロ乎乙″レヽナニナニ″カゝ乙″ナニナニ″先生ー⊂ナニ″レナ乙″Iよ才丁日月レナナょレヽIよ世間を憚IよIよ″カゝぇ袁ー⊂レヽ丶)も、ξy@カゞ禾厶Iニー⊂自然ナニ″カゝ乙″禾厶Iよξy@y@言己小意ロ乎ひ″走己すごー⊂Iニ、す<″「先生」ー⊂レヽレヽナニナょ。筆を幸丸ー⊂も心才寺Iよι″乙″ξξιレヽ頭文字カゝιらもι″ナょー⊂″Iよー⊂イ吏Iニナょナょレヽ

ナベアツ風味

「3の倍数と3の付く数字だけアホになります!」

私わたくしはその人を常に先生と呼んでいた。だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。これは世間を憚はばかる遠慮というよりも、その方が私にとって自然だからである。私はその人の記憶を呼び起すごとに、すぐ「先生」といいたくなる。筆を執とっても心持は同ziiiiiiiiiii事である。よそよそしい頭文字かしらもziiiiiiiiiiiなどはとても使う気にならない。

ヤンキー語

あたいわたくしは人を常に世雲世威と呼んでいた。じゃから此処でもーじゃ世雲世威伽苦じゃけで本名は宇血明けい。これは世間を憚はばっきゃろーW遠慮というりも、華邪あたいにとッつて自然じゃからであ゙あたい記憶を呼び起すごとに、すぐ「世雲世威」といいたく。筆を執とッつて持は汚南慈あ゙しい頭文字かしらもじどは使う気にい。

ルー語風味

マイセルフわたくしはその人を常にティーチャーつまり先生と呼んでいた。だからここバットただティーチャーつまり先生ライトつまり書くだけでブックネームは打ち明けい。これは世間を憚はばかる遠慮というよりも、そのサイドマイセルフにとってナチュラルだからでる。マイセルフはその人の記憶を呼び起すごとに、すぐ「ティーチャーつまり先生」とグッドたくる。筆を執とってもハート持はセイム事でる。よそよそしい頭レターかしらもじどはベリーベリー使うスピリットい。

よしお語

デデデン♪×8

私わたくしはその人を常に先生と呼んでいた。だからここでもでもでもでも♪ただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。これは世間を憚はばかる遠慮というよでもそんなの関係ねぇりも、その方が私にとって自然だからである。私はその人の記憶を呼び起すごとに、すぐ「先生」と(そんなの関係ねぇ!)たくなる。筆を執とっても心持は同じ事である。よでもそんなの関係ねぇよでもそんなの関係ねぇそしい頭文字かしらもじなどはとても使う気にならない。

 

システムで変換されているので、かなり不自然なところも多いです。
本気で使う人はいないと思いますが、遊び心を持って使うことがポイントですね。

 

もんじろうの使い方

使い方はいたって簡単。
文章を入力して変換ボタンを押すだけです。

もんじろう使い方

 

  1. 「原文」の部分に変換したい元の文字を入力
  2. 変換したいジャンルを選択して「変換」ボタンを押す
  3. 変換された文字が表示される

変換された文字の部分は赤文字で表示されます。
ギャル語に変換すると、もはや解読不能・・・です(苦笑)。

 

 

■言葉・方言変換サイト「もんじろう」
http://monjiro.net/

もんじろうの使い方

 

管理人おすすめシステム

One Response to “方言や文字を一括変換できるサイト「もんじろう」”

  1. すたいる1号さん
    はじめまして!
    りょうすけと申します。

    こんなツールあったんですね!
    多用しすぎると読みにくい事になってしまいそうですが…
    ブログ等のネタに使うのは面白そうです^^

    応援ぽちさせていただきます!

コメントを残す